[TALK 3/3] Etw.Vonneguet Designer Olga × CreativeEngineer SatoshiYanagisawa

"ファッション×デジタル、素材にコミット" Satoshi 生産や根本というワードが出ました。オルガさんは、まさに上流の部分である素材に対するファション×デジタルの取り組み、セメダイン株式会社の導電性接着剤を使った「fabology」という作品を制作されたとお聞きしましたが・・・どういったものなんですか? Olga はい、「着るセメダイン」っていうタイトルでプレスリリースを出しているんですけど。接着剤をべったりと着るわけじゃないですよ。 Satoshi はい!!(笑) 新しい生地という風にはうかがっているんですけど。 Olga 今、Googleが取り組んでいるデニムに通電性の繊維を入れ込む、プロジェクト・ジャカードっていうのありますよね。 »

[TALK 2/3] Etw.Vonneguet Designer Olga × CreativeEngineer SatoshiYanagisawa

クラウドファンディングを行っています。是非。 http://www.booster-parco.com/project/49/ "ファッション×デジタル 生産からのアプローチ" Satoshi やっぱり、ファッションとデジタルを融合させた新しい服作りが目指すところかと思いますが、実際、ファッションとデジタルっていうとスマートフォンアプリなんかが目立ってますよね、今後どんな方向に進んでほしいと思いますか? Olga 今は、ファッションとデジタルっていうと、ECサイトとかSENSY、WEARもそうだけど、販売促進ツールが多いですよね。 Satoshi そうですよね。流通分野のツールとしてのデジタル利用はたしかに多い。 »

[TALK 1/3] Etw.Vonneguet Designer Olga × CreativeEngineer SatoshiYanagisawa

" エンジニア、デザイナーから見るファッション×デジタルテクノロジー " 今回はデジタルツールという切り口で服づくりに取り組み一線で活躍されているEtw.VonneguetデザイナーのOlga(オルガ)さんと文化服装学院で服作りを学び、ARやセンサーを用いたアプリ開発を行う柳澤慧さん、服作りとデジタルの双方に精通される両名をお迎えして、今後のファッション×デジタルテクノロジーについての対談して頂きました。 現在、ファッション業界ではO2Oを合言葉にマーケティング分野でのデジタル利用が注目されています。今回の対談では、服づくりの知見を有されるお二人ならでは視点が含まれる議論となりました。 皆さんのファッション×デジタルの可能性を広げる一助になれば、幸いです。 DESIGNER Olga Etw.Vonneguetのデザイナーを務める。デジタルツールを使った新しい服づくりへの挑戦と、ファッションの新たな視点を提案している。 CreatveEngineer »

CG Supervisor - Yuki Mizoguchi

溝口結城 CGスーパーバイザー 私立の高等専門学校、工業デザイン学科にてCGに出会う。ゲーム制作会社、映像制作会社、株式会社エヌ・デザインを経てフリーランスに。 背景アーティスト、モデラー、アニメーター、モーショングラフィッカー、ライティングアーティスト、コンポジター、マットペインター、CGスーパーバイザーとして多くの作品に参加。 主な作品は、宇多田ヒカルPV『SAKURAドロップス』、映画『CASSHERN』、北米向けTVシリーズ『Transformes:Prime』、『山賊の娘ローニャ』、今年11月公開の『 »